【あなたはどっち?】AndroidとiPhone、世界レベルでどっちが使われているか見てみよう! | agaiti-da.com

【あなたはどっち?】AndroidとiPhone、世界レベルでどっちが使われているか見てみよう!

スマホ・携帯Tips
この記事は約3分で読めます。

技術も日々進化し、3Gサービス終了の声も聞こえる日本。
そんな日本では世界的に見ると、Androidが若干iOS(iPhone)のシェア率を超えている、EU諸国に似たiOSの普及率の比較的高い国になります(イギリスに本社を置く世界的な調査会社であるKANTER社が行った2020年6月の調査による)。

同社の調査した主要11カ国においては、一旦はiOSのシェアが増えたものの、再度Androidのシェア率が高くなっているようです。
恐らくiOS機種がリニューアルされるタイミングでiOSのシェアが増えるものの、一定時間経つとAndroidのシェア率が抜き返すといった攻防のように見えます。

皆さんは機種変更の際、何かこだわりがありますか?

最近ではどのキャリアでもiPhoneを取り扱い、Android機もどの機種もハイスペックになり次々と発売され、購入時にどれにしようか、悩んだりしませんか?

その際に、世界の11の地域の様々な年代でのAndroidとiOSの変遷が動的に分かる、見ているだけでも楽しいサイトをご紹介します。

それが、先ほどから文中に出てきていたKANTER社のサービス、「Android vs iOS」です。

https://www.kantarworldpanel.com/global/smartphone-os-market-share/intro

同KANTER社のサイトでは見たい国のポイントをクリックすると現在のシェア、下の年代をスライドするとその年のシェアが簡単に見られます。

日本は元々MacよりはWindows、iPhoneよりはガラケーが席巻していたので、Apple社の操作感になかなか馴染めずAndroidに戻っていく人が多いのではないかと見ていて想像しましたが、いかがでしょうか。

Apple製品は取説が簡素なのも原因でしょうかね、取説がめちゃくちゃ親切だから何かあったらすぐ取説開く!って私は思ってたので、初めてMacを買った時、あまりの取説の簡素さに底知れない不安を感じたものでしたが…(笑)

とはいえ、iOSのいいところは、Mac製品で固めるとそれぞれの互換性がとても高く通信もスムーズなところと、様々な機器でUI/UXが共通していて、操作もシンプルで使いやすいところ。

iPhoneを使うなら、パソコンやスピーカなども揃えると、相乗効果で使い勝手が良いですね。

問題としては購入、修理ともに価格が高めなところ。
買い換える方はやはりこの点が悩みどころなのではないでしょうか。

Android機もたくさんのメーカーから魅力的なスマホがたくさん出ており、中国や韓国などがAndroid機を争うように開発しているので、比較的安価で性能の高い機種が揃うのが魅力です。

世界的には、同社のサイトを見ると現状はややAndroid機に軍配が上がっている様子なのがわかります。
やはり価格の点で有利といったところでしょうか?

5G回線の普及により、ますます加熱しそうなスマホの技術開発。
今度機種変する時には、このようなサイトで世界的なシェアを参考にしてみるのも面白いのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました